富山県富山市にあります柳町岡崎歯科医院は、最新のインプラント治療を受けられる歯科医院です。


マイクロスコープによる精密根管治療

精密根管治療なら、抜かずに治療で残せる歯があります

建物を建てるときに重要となる「基礎工事」、歯の治療でこの基礎工事に当たるのが「根管治療」です。どんなにキレイな歯を被せても、この根管治療が不十分な場合、せっかく治療をしても細菌の再感染により、歯の根の先に膿ができるリスクがあります。
むし歯や歯周病が進行し、やむをえず抜歯という選択をしなければならなくなった場合、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた高度な精密根管治療を行うことにより、抜歯をせずにすむことがあります。

精密根管治療はこんな方にお勧めです

  • インプラントにすることをすすめられたが歯を残したい
  • 抜歯をすすめられたものの、できれば抜きたくない
  • 同じ箇所の虫歯治療を何度も繰り返している
  • 痛みや腫れが出る度に、治療せずに様子を見ましょうと言われた方
  • 根っこの治療は通院回数が多く、何回治療しても良くならない
  • 治療したはずの歯が、最近また痛み出して悩んでいる

以上のようなお悩みも、精密根管治療で解消できるかもしれません。まずは当院までご相談ください。

治療にマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用します

精密根管治療の対象となる根管(歯根の中の神経管)は大変複雑で、肉眼による治療にはその精度に限界があります。米国で根管治療を行う専門医は、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)なしに治療をすることはありません。そのために当医院では、治療の成功率が高い北米式の治療法を採用しています。

マイクロスコープによって肉眼では見ることができない術野も大きく見えるので、正確な診断が可能になります。それによって治療精度は向上し、これまで治療が難しいとされてきた症例も経験や勘に頼った治療ではなく、より正確で安全な治療をご提供できます。

治療にマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用します

この治療法は従来肉眼で治療していたときには考えられなかった、高精度での治療が可能になりました。根の中の状態を把握でき、原因をはっきりと特定することができるため、従来のように何度も根の治療を繰り返す必要がありません。
もし歯を抜くと診断されたのであれば、その前に精密根管治療で残せる歯かどうか診察を受けてみてはいかがでしょうか。
当医院では他の歯科医院に通われている方が主治医から示された治療法や手術法などでお悩みのときに、患者さまご自身が納得して治療を選択して頂けるようご相談をお受けしております。

治療にマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用します

根管治療にラバーダムが必要な理由

根管治療にラバーダムが必要な理由

北米において、根管治療を行った歯の成功率は90%以上と言われています。
しかし、日本において、根管治療を行った歯の成功率は50%以下と言われています。
なぜ、現代においてここまで治療の成功率が変わってしまうのでしょうか。

医療制度などいろいろ原因がありますが、決定的な差があります。
それは何だと思いますか?

それは、治療を行うときの環境の差です。
90%以上の成功率のあるアメリカにおいて、すべての治療にラバーダムが使われています。
しかし、日本では根管治療に一部の歯科医院をのぞき、ラバーダムを使用していません。

ラバーダムとはどのようなものでしょうか?

ラバーダムの役割は、
@治療する歯へ唾液が入らないようにする
A薬液から粘膜を保護する
B舌をよけて思わぬ事故を防ぐ
C器具を誤って飲み込むのを防止するなど色々あります。
なかでもラバーダムが根の治療での重要な役割は、
@治療する歯へ唾液が入らないようにしたり、A薬液から粘膜を保護したり、と無菌的な状態での治療を可能にするということです。
口の中には口腔内常在菌といって、500種類ほどの細菌が住んでいます。
治療する歯を隔離して歯の中へ細菌が入らないようにするためラバーダムが必要なのです。
無菌的な環境で成功率の高い根管治療を当医院ではすべての患者さんに行っています。

マイクロエンド(精密根幹治療)治療費一覧

初診・カウンセリング・診査・
セカンドオピニオン
¥5,000
(かかりつけ歯科医師の紹介がない場合は¥10,000)
生活歯髄療法 ¥30,000
根管治療
(抜髄・初回感染根管治療)
前歯部 小臼歯 大臼歯
¥50,000 ¥60,000 ¥80,000
再根管治療
(以前に根管治療を受けている歯)
前歯部 小臼歯 大臼歯
¥60,000 ¥70,000 ¥90,000
歯根破折診断 ¥20,000
コア除去 ¥15,000
隔壁 ¥5,000
仮歯 ¥10,000
仮歯調整料 ¥3,000
穿孔修復(1カ所につき) ¥10,000
破折器具除去(1個につき) ¥20,000
レジンコア ¥5,000
ファイバーポスト ¥20,000
歯根端切除 ¥100,000 (経過観察後は¥50,000)
診断的外科処置 ¥40,000

上記の料金は、全て税別表示です。
歯種による料金設定です。根管数による加算・減算はございません。
根管治療にはX 線画像診断、ポスト以外の修復物除去、ガッタパーチャ充填の費用も含まれます。
生活歯髄療法、歯内療法外科以外の根管治療時にMTA などの特殊な充填材料を用いた場合は、別途10,000円が加算されます。
支台築造作成料は防湿下直接法によるレジンコアまたはファイバーポストコアの作成料となります。
術中に対応不可能な歯根破折を発見した場合には、根管治療費は歯根破折診断料の算定へ変更となります。
治療費の補償制度はございません。