富山県富山市にあります柳町岡崎歯科医院は、最新のインプラント治療を受けられる歯科医院です。


歯科用CT撮影・診断

より安全で、より確実で、より負担の少ない手術のために

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。
レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。
例えば、インプラント手術において危険領域となる神経や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできません。
CTデータを元にしてコンピューターでシミュレーションすることで最終な被せものを装着する時のベストポジションの想定や不必要な骨移植・骨造成の回避、そして、フラップレス手術が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画がたてられることが大きな利点といえます。

シミュレーションソフトで事前確認
当院では、インプラント治療の前にCTデータをシミュレーションソフト『ノーベルクリニシャン』へと取り込み、患者さんの顎骨の状態や骨質を精密に診断した上で、使用するインプラントの種類や径、長さ、角度などを決定していきます。このコンピュータシミュレーションによってインプラント治療の安全性をさらに高めることが可能になりました。

より安全で、より確実で、より負担の少ない手術のために

ノーベルクリニシャン

より安全で、より確実で、より負担の少ない手術のために

当院では、ノーベルバイオケア社の『ノーベルクリニシャン』インプラントシステムを使用し、CTデータによる正確な診断、設計を行っています。『ノーベルクリニシャン』とは、『インプラント療法を正確にサポートし、より安全に治療を行う為のシステム』です。
まず、CTスキャンにより患者様の顎骨の形を完全に再現した3D情報を使用します。これにより、事前に『インプラントを埋入するための十分な骨があるか』『どの角度で、太さ何ミリのインプラントを、深さ何ミリまで入れれば良いか』といった、手術を安全に行うための情報が分かります。
また、この情報を元に綿密な手術計画が立てられるので、普通のインプラント治療よりも手術にかかる時間が少なくなります。そして、計画が綿密であるため、手術の前に患者様にしっかりとしたご説明ができ、安心して手術を受けていただけます。
このシステムは現在世界でもっとも画期的かつ最先端テクノロジーを結集したインプラント療法システムです。