こだわり

柳町岡崎歯科医院の特徴

現状を検査して患者さまに合わせた治療方法や計画をご提案しています。

患者さまに必要な治療を行うために、お口がどのような状況か知っていただく説明を重視しています。ご自身の状況を把握できて初めて、治療の大切さも理解いただけると考えているからです。そのため、まずはレントゲン撮影やお口の中の写真を撮るなどの検査を行って、必要な情報を収集することから始めます。

検査結果は、分かりやすく治療計画書にまとめてお見せしています。治療計画書には検査結果以外にも、治療の内容、治療にかかる期間、費用など、一通りの情報を記載していますので、そこから「どんな治療を受けたいか」「ご予算に合わせた治療はどのようなものか」などをご相談いただけます。

ゴールをしっかりと定め、患者さまと歯科医師が同じ方向を目指すことで、不安の少ない状態で通院いただけるよう努めていますので、気になることがあればお気軽にお尋ねください。

ご自身の大切な歯をお守りするための根管治療を行っています。

根管治療とは、歯の根っこ部分にある神経や血管、歯質を処置することで、自然な歯を残していく治療です。マイクロスコープを使用して、肉眼では見えない歯の細かい部分までモニターに映しながら治療していきます。できる限り細かく、虫歯によって汚染された神経を取り除いていきます。

しかし、患者さまの中には「なぜ神経を治療したり抜いたりするのか分からない」という方が少なくありません。そのため、歯の状態がどうなっているのかを絵に描いて説明したり、症例の写真を見ていただいたりしながら、根管治療の必要性や歯を残すことのメリットとデメリットを分かりやすくご説明しています。

重度に虫歯が進行してしまい、歯を抜く必要がある方でも「今は抜くのに都合が悪いので、もう少しだけ持たせてほしい」といったご要望もお聞きしています。

現状を把握し、精密なインプラント治療をご提供いたします。

より精密なインプラント治療をするために、当院ではシミュレーションに沿って手術を進める「ガイドシステム」を導入しています。ガイドシステムを使用することで、インプラントを入れるさいのズレが小数点以下に抑えられ、リスクの少ない手術が可能になるからです。

治療計画を立てる際は、歯科用CTでインプラントを入れたい部分に必要な骨があるか、どの位置に入れるかなどを細かくシミュレーションします。顎には重要な血管や神経が通っているため、入念なシミュレーションが欠かせません。その後、ガイドシステムを使って細かい精度でインプラントを入れていきます。

また、インプラント治療の前には歯周病の検査を行い、「インプラントを入れる環境が整っているか」「患者さまがお口をしっかりと管理できるか」を確認するようにしています。

顎関節症などお口の中全体のお悩みにもご対応させていただいております。

顎関節症は、顎を動かすとカクカクと音がする軽い症状から、口が開かなくなるような重い症状まであります。関節の不調が原因だと思われがちですが、実はお口全体が関係する病気です。

本来、人間の顎と歯は使うにつれて削れていくことでバランスが取れています。しかし、虫歯治療で歯に被せ物・詰め物を入れることにより歯が削れなくなると、全体のバランスが崩れてしまい、結果的に顎関節症になることがあります。そのため、顎の関節だけでなく、噛み合わせまで見てお口全体をバランス良く治療することが大切です。

顎の痛みを訴える方には「何が原因で顎関節症になったか」「どのように治療を行う必要があるのか」をご説明し、ご納得いただいてから治療を開始しています。治療の経過もレントゲンで小まめに確認いただきながら、痛みや違和感のない状態を目指します。

世界水準の滅菌システムを導入しています。

歯科治療では限られた治療器具を、たくさんの患者さんに使用しなければなりません。出血を伴う処置も多く、それぞれの器具への滅菌・消毒が不十分では、院内感染が起こる可能性を増大させてしまいます。
当院では患者さんに「安全で安心できる環境で治療をして欲しい」という考えのもと、世界水準の滅菌システムを導入しています。治療を受けていただく上で、目に見えるところではありませんが、当院を信頼してご来院いただいた患者さんへ、安全性を追求した最高の環境をご提供いたします。

院内感染予防と患者さん・術者の安全のための当院のこだわりです。

① 世界水準の洗浄力ですべての器具をクリーンにする ミーレジェットウォッシャー

② あらゆる微生物に対応するクラスBオートクレーブ DACプロフェッショナル

③ すべての治療済みハンドピースを洗浄、注油、滅菌する DACユニバーサル

「痛くならないうちに」「悪くならないように」する治療

これからの歯科医療というものは、「痛くなってから」治す・・・というものではなく、「痛くならないうちに」「悪くならないように」していく、いわゆる「予防」していくことが重要となります。
歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病です。これらの病気は予防することにより防ぐことが出来ます。
そのためには、定期的な検診と必要な処置をするとともに、患者様ご自身が「歯」への関心を高め、ホームケアに努めていくことが大切です。 当院では、御自身のお口の中の状態をよく理解していただき、それぞれに合った歯ブラシ、歯磨剤などの選択やその使い方を確認いたします。フッ化物の応用により、歯質の強化などを定期的に管理し、ともに「歯の予防」を行っていきたいと考えています。

唾液検査であなたの本当のむし歯の原因を知ろう

あなたの本当の虫歯の原因がわかります。
『歯質(口の中の抗菌力)』『食物(食事の習慣)』『細菌(虫歯菌の数)』の3つが重なったところに虫歯ができます。

原因が違えば、予防法も違います。
虫歯の原因の組み合わせは人それぞれ。
毎日歯磨きしても虫歯になる人とならない人がいるのはそのためです。

もしあなたが虫歯を予防したいとしたら、これらの虫歯の原因についてよく知り、そして、あなたに合ったお口のケアをすれば、虫歯はしっかりと予防できます。
お口の中の菌の数、だ液の中和力、自分の食生活と菌の関係などなど。
だ液検査はあなたのお口の中の状態を解析して、あなたの虫歯になりやすい要因について調べることができます。
この検査は、WHO(世界保健機構)の調査でも、使われる最新の検査方法です。

検査は簡単、短時間、もちろん痛くありません。

検査1 あなたのだ液の量はどれくらい?

だ液が多く出るほど
①口の中の食べ物を早く洗い流します。
②歯の質を強くします。
③抗菌作用が働きます。

検査2 あなたのだ液の中和力はどれくらい?

食後の歯がとけやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。

検査3 あなたの虫歯菌の数はどれくらい?

だ液から虫歯菌を検出し、どんな菌が多いのか調べます。

結果とあなたに最適な予防方法は次の来院時にお伝えします。

当院の治療の流れ

メインテナンスの流れ

  • ①プラークの染め出し

    歯ブラシの不得意
    部位の確認

  • ②エバチップによる歯と歯の間のバイオフィルム除去

  • ③ブラシによる溝と歯面のバイオフィルム除去

  • ④カップによる歯のトリートメント

    歯科医院専用のトリートメント用
    歯磨剤で歯を保護